2011/11/29

滋賀の旅 part2

Fxcam_1321606693627
今回の宿は「季の雲 ゲストハウス」。
ここは町家を改装して1Fにレストランとギャラリー、2Fにホテルを併設した施設で、道を挟んだ向かいにも一棟貸し切りタイプ(ステイ)の宿泊施設が。ステイに猛烈に惹かれたけども、なんせ女子2人旅ですのでホテルを予約。(次回は是非とも友人&ちびっ子たち大勢とステイに泊まりたい!)
なんて言えばいいんでしょう?THEホテル!な仰々しさもなく、ペンション的な感じでしょうか。部屋はとてもシンプルでいて至る所にこだわりがありそうな...こんな部屋で暮らしたいと思える部屋でした。まだ新しいので木の香りもプーンと。ドレッサールームもまたステキでした。真似したいくらい。いいなーこんな部屋なら片付けが好きになりそう...。
夜は1Fのレストランでのディナーで満腹になりながらも、部屋でボジョレーを空け、ゴロゴロと過ごす女2人。これじゃー腐ってしまう!と酔い覚ましもかねて夜の商店街へ。ここは黒壁スクエアから徒歩数分の距離にあるけど、夜にもなれば商店街も閉まりすごーく静か、そして暗い。昼間の賑わいはどこへやら。です。賑やかなのもいいけどひっそり静まった夜の商店街も味があっておすすめです。

翌日はまたまた黒壁スクエアにあるステンドグラス教室へ。ステンドグラス初体験!何色もある板ガラスから好きな色をピックアップして今回はフォトフレーム作り。ガラスをハンダでくっ付けてく作業に思いのほか苦戦〜。先生の見てたら楽勝♪って思えたのになぁ。思わず不器用さが露呈してしまったわ。要所要所で先生が手直ししてくれて無事?完成。この旅の写真でも入れようかしら。

教室を後にすると続いてはひたすら食べ物を求めてたかも(笑)
せっかく滋賀に来たんだから〜と近江牛の肉まんを食べ、近くに人気の親子丼屋があると聞きつければ赴き、滋賀のローカルフード「サラダパン」を求めて車を走らせ。なんて具合に。食!食!食!の食三昧。
ちなみにサラダパンは自宅に戻って翌日いただきましたが、アノ食材の食感がきちんと残っていて斬新でした。でも一緒に買ったサンドウィッチの方が好みかなー。魚肉ソーセージに思わずニンマリしてしまいました♡
いつも素通りの滋賀県。今回は長浜only旅だったけど、近江八幡や大津も穴場がたくさんあるみたいしだし、また遊びに行かなくちゃ♬


Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/28

滋賀の旅 part1

Fxcam_1321599369120先週末に滋賀旅行へ行ってきました。
滋賀と言えば大河「江」のゆかりの地として脚光を浴びてますが、そこはあまり意識せず。
そして、急遽決めた旅行だったし、そんなに予定を詰め込まずのんびり過ごしてきました。

まず出発が10:30ですから...もっとも滋賀は高速乗っちゃえば近いしね。途中、SAのスタバでまったり過ごし今回の目的地の長浜へ。
Photo_3
まずは何はともあれ腹ごしらえでしょう。小学生の頃に椎茸のあまりの大きさに引いた記憶のある「のっぺいうどん」で有名な「茂美志や」さんへ。
かつての印象まではいかなかったけど、それでも普段目にしないサイズの椎茸がデデーンとうどんに乗ってます。しかもすごいとろみ。あとは焼きサバ寿司も注文してみました。焼きサバ寿司っていうと福井名物っていうイメージなのになーと思って調べてみたらかつて日本海から滋賀を経由して京都へ鯖を運ぶ街道「鯖街道」があるらしく、だから途中の滋賀にも鯖料理が名物になってるみたいですわ。ちなみにご近所に「鯖そうめん」のお店もありました。どちらも芸能人のサインがいっぱい。


さーて、お腹もいっぱいになったら続いて長浜港へ移動です。
長浜港からフェリーに乗って向かうは琵琶湖に浮かぶ神の島「竹生島」。
周囲約2キロの小さな島の小さな港から上陸。ここは都久夫須麻神社と宝厳寺とが並び合っていて私たちには自ずと両方を廻るルートしか用意されてません。(要は、他に道がないし、他に行くところもない。)見所がその2カ所だけなのに島の滞在時間は80分て長過ぎる!と思ったのは大間違いでした。
冒頭で「江」は意識してないと書いてますけども、この島は浅井家ゆかりの島だし、国宝にもなってる宝厳寺の唐門は豊臣秀頼が移築されたものとあらば、どうしても「あの秀頼がねぇ〜」と、ついつい見入ってしまうのでした。
途中の琵琶湖が一望出来る石段で休憩をしつつ過ごしてると80分なんてあっという間。今回ほど気持ち的にのんびり寺社に滞在したことは今までなかったかも。
神聖な空気をいーっぱい取込んでパワー増強出来た予感♡
Photo_4
帰りのフェリーはこの日の最終便だったので島のお土産屋さんや寺社で働く人たちも乗り合わせ(基本、無人島らしいです)行きよりも俄然賑やかな船内でした。そして、ここでサプラ〜イズ??帰り際に、たくさんのトンビ(たぶん)が港上空を旋回してたんだけど、フェリーが動き出したら!!次から次へとトンビが湖面に向かって降下!どうやらエサ?が撒かれたみたいです。京都の鴨川よりもたくさんのトンビがぁぁぁ!かなり迫力のある光景でした☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/17

日本シリーズ

Photo
日本シリーズ第4戦を観戦してきましたー。
グランドからはすっごーく遠い席だったけど、熱気はムンムン伝わってきました。
あいにく、この日は負けてしまったけど、なんとか完全制覇して落合監督の有終の美を!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/11

栗の町、小布施へ。

3連休の最終日、長野県小布施町まで秋の味覚を求めてドライブへ。隣県だし近いんだろうな〜と吞気に構えてたら「名神なら神戸と同じ位の距離」と父にぼやかれてびっくり。その距離を父一人に運転してもらうのは忍びなかったけど、高速初心者の私が「運転代わるよ〜」なんて言うはずもなく、母は母で家族で出掛けるときは絶対にハンドルを握らない主義らしく、延々と父の運転...。にしても、年甲斐もなくビュンビュン飛ばすもんだから、終始ヒヤヒヤしっぱなし。

そんなこんなで、小布施へ。
まずはハイウェイオアシスで一服。農産物の直売所にはそれはもう秋の味覚がたんまり。栗はもちろんりんごにキノコに梨にぶどうや桃まで...あら?まだ夏?
今までに見たこともないような立派なサイズのしめじがあったので買ってきたけど、歯ごたえもいいし味も濃くって美味しかったな〜。
Fxcam_1318216137129


続きを読む "栗の町、小布施へ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/28

最後の夏休み

今日はことし最後の夏休み。
栗ごはんを求めて小布施あたりまでドライブしようかなーと思ってみたものの、脳みそはすっかりお休みモード。早起きはムリでした。ぬくぬくと起きだし、ぬくぬくと朝食を済ませ、ぬくぬく出掛ける準備をしてなんとなく栄まで。でも「なんとなく」の割に目的は1つ。ダッフルコートを求めて彷徨ってきました。

結果から言うと、惨敗です。

今回のターゲットは「Scye」のダッフル。去年雑誌「LEE」ではまじが着ていて初めて知ったブランドです。近くのセレクトショップでも去年は取り扱いがあったのが、今年は入荷の予定はないらしく、そこからせっせと情報収集に励んだんですけど、今日彷徨って分かったのは名古屋には入荷してない!(だろう)ということ。
今になって思えば「去年買っておけば良かった」の一言なんですけど、買わなかったわけは単純に高かったからです。まぁ、ダッフルコートの相場が分からないんですけどねぇ。Scyeのダッフルはモンクレーやデュべティカのダウンとトントンくらい。これって高いの?それとも安い?ネットでもまだ買うチャンスは残ってるけれど、試着もせずに買う度胸がないのです。そんな度胸があったらgreenのダッフルもネットで買ってただろうに・・・ダッフルコートには縁がないのかもしれないなー。
さー今年の冬は何を着ようかなぁ。
夏休みにダッフルコート探しなんて。だれか理解してくれるかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/23

忘備録 2011.09@浜名湖

PCをWinからMacに変えて、iPhotoとか楽しいんだけど編集パターンが豊富すぎて逆に使いこなせず・・・。

Fxcam

(ちなみに最近の写真はスマホのアプリ使ったのばかり。デジカメ持ち歩かなくなってしまった〜)
さて、これから今更ながら遡れるだけ遡ってみよーと思ってます。まずは直近の出来事から。

友人M子ちゃんの職場の保養所で夜な夜なガールズトーク?を繰り広げてきました。
私の職場の保養所は山間にあって温泉で和室で卓球台があって・・・て感じだけど(←ちなみに利用経験なし)
今回の場所は浜名湖を眼下に見下ろすリゾートマンションの一室。そして最上階。本当は浜名湖に沈む夕陽を見ながら一杯!ってのが理想だったけど食材の買い出しに盛り上がって間に合わず(涙)
着いて早速、簡単な料理とおつまみとお菓子を共にまずは部屋でダラダラと飲んでたけど、ふっとベランダに出てみたら。コレが大正解。キレイな月夜で星もたっくさん見えるし夜風がものすごーく心地良かった♪

部屋から机を持ち出して、ベンチ代わりにして飲み直し。本当は4人で過ごす予定だったのが急な仕事と妊娠発覚で結局2人になってしまったけど、それが今回は良かったのかも。独身女2人で恋のこと、これからの人生のことを静かに語り合いましたよ。iPodから流れる懐メロを時折口ずさみながら(笑)。もーglobeなんて切なすぎ!!!少し肌寒くなってきたのでベランダから撤収したのが4時!なんとベランダ滞在時間6時間!!!もう少し粘れば朝日が見れたかも〜。

時間を気にする事もなく、ただただまったーりと過ごす時間はすごくすごく贅沢でした。凝り固まった気持ちが解れるような。この日ほど夜空を眺めてた日は今までになかったハズ。日常のなかでこの日と同じように過ごすのは難しいけど、今までよりは少しだけそうやってぼんやりする時間を作ろーっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/04

草間ワールド

もう10月ですねー。ってことは今年もあと3ヶ月ですよっ!!!ひやぁぁぁ(lll゚Д゚)今年掲げた目標は全く達成の予感もなく、というか途中から目標としてたことさえ記憶の隅に追いやる始末でして。じゃぁ今年は一体どんな年だったのか、なんてことはもうしばらくあとで考えることとします。残り3ヶ月で少しは軌道修正できるかなー???

Photo_3さー8月末から始まっていたアートの祭典「あいちトリエンナーレ2010」にようやく参戦して来ました。とりあえず、作品が集中して展示されている名古屋芸術文化センターへ。
ここでは思いも寄らないサプライズが(←私的にね)なーんと水玉の女王、草間彌生の「PUMPKIN」がドンっと居るではありませんかっ!!!公式ガイドブックにもそんな情報なかったし!!!直島じゃないと見れないかと思ってたから、見た瞬間からしばらく内心小躍り状態でした。写真だと小さめに感じるかもしれませんが、なかなかの迫力。でも直島のよりは小ぶりなのかな??あぁ、奇抜だけど愛らしいわぁ。

草間作品には6年前に森美術館で開催されていた「クサマトリックス」から心奪われてまして、アンテナはかなり張ってるつもりだったのに、これはノーマークでした。だから余計嬉しい♪♪

Photo_5他にも会場入り口にはトリエンナーレ2010のシンボル的存在の「真夜中に咲く花」が。近づいてよぉぉく見てみると草間さんのサインがあったりします。ちなみに、この作品はチケットなしでも観れる場所に展示されているので、堅苦しい気持ちなく気軽にアートに触れられるっていうのが、トリエンナーレらしいところ。

また、トヨタが協賛してる関係かはたまたお膝元だ からか、「草間の水玉プリウス」と題してドットにラッピングされたプリウスが市内のトリエンナーレ会場間を走行してるとか。実際に走ってるところは見てないけど、一台は芸文入り口に展示されてます。こちらも文句なく奇抜。予約すれば乗車できるみたいだけど、街行く人の視線を奪うこと間違いなしですねー。

あまりアートのイメージのない愛知だけど、これをキッカケに街全体がぐんぐんアート熱が上昇してったら面白いだろーなーなんて思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/01

2月の出来事@箱根

前回チラリと予告した2月のネタです。いやぁ、雪降る当時が懐かしや。

東京在住の友人と中間地点で旅しよう!と企画が持ち上がり出掛けた次第。(・・・って全然中間地点じゃないんですけどー!!!!な心の叫びは黙殺されました。)

初日は大涌谷をメインにしてたので、そそくさと箱根登山鉄道に乗車。小田原から見た箱根の山々は薄っすら雪化粧な装いだったのに、ズンズン電車が進むにつれ雪深くなっていく風景をしばし堪能。

途中、宮ノ下で下車して荷物を宿に預けることに。今回の宿は念願叶って憧れの「富士屋ホテル」です。2010 雪の富士屋ホテルも趣があってまたよろし。あんまり寒いものだから外出が億劫になったのを良いことにラウンジで休息~。“伝統”と謳われたアップルパイを賞味。シナモンがしっかり効いて生地もある意味しっかりしてました・・・。翌日の「ザ・フジヤ」での朝食でもそうだったんだけどカトラリーの何から何まで富士屋マーク入りなのですね。そういう細部にまで拘れるのが老舗ホテルならではのこと。調度品も和洋折衷、時代も様々なのにしっくりと収まっている様はどこか懐かしいんだけど、斬新でもあるような。

Photo_2お腹も満たして暖をとった後はいざ、大涌谷へGO!!!再び登山鉄道に乗り、ケーブルカー、ロープウェイを乗り継いで大涌谷に。ロープウェイからの絶景に見惚れながら到着した大涌谷はまた別世界。

Photo_3モウモウと立ちのぼる噴煙と硫黄のニオイに圧倒されるし、遊歩道脇の樹氷はとてもキレイだし。そんな景色のなか玉子専用のケーブルカーが上って行くサマはなかなかコミカルでした。 もちろん食べましたよ黒玉子。下の売店でも売られてるけど、敢えて玉子茶屋にてGET。でも1袋5個入りって・・・消費するのになかなか厳しいですよねぇ。

大涌谷でのんびりした結果、楽しみにしていた富士屋ホテルの館内ツアーに間に合わず。私の中のメインイベントが泡と消えました。なので私が見た富士屋ホテルはロビーとラウンジと「ザ・フジヤ」と本館の宿泊した部屋ONLY。あとは外観か。思い出しても切ない・・・。

気を取り直して、ディナーにお出かけ。生憎ホテル内のメインダイニング「ザ・フジヤ」ではなく徒歩1~2分ほどのところにある「ラバッツァ」へ。口コミ通り、店構えには正直怯みますが、最終的には店構えなんて味にはなーんにも影響しない。ってことをこの店で思い知らされますよ。アラカルトで色々味わったけど、ジョーダンもお世辞も抜きでどの料理も美味しかった!!!中でもオニオングラタンスープは印象深くって。2人でシェアしたけど出来れば独り占めしたかったなぁぁぁ。私にしては珍しくワインを2本空けてしまうほどに大大大満足な食事になりました。

続きを読む "2月の出来事@箱根"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/04

彼らの夏

真夏の陽差しがサンサンと照り付けた先週の日曜日、高校野球の県予選を観戦。

Photo初めは近場の球場で観戦を予定してたけど、対戦カードを見て急遽、瑞穂球場行きへ変更。その日の瑞穂は第一試合が東邦×愛工大名電 第二試合が豊橋東×中京大中京 と見事なまでに強豪校揃い。となれば、瑞穂に行くしかないでしょ~!と、言いつつも出足が遅れたため第一試合には間に合わず・・・ってか駐車場がどこも満車だし、路駐しようものなら即駐禁貼られるし・・・(ここぞとばかりに待ち構えるポリスマンが彼方此方に・・・)なので一駅離れたところに駐車して後は電車でGO!しました。(公共交通機関を利用するのがやはりベストということです)

いやー高校野球はいいっ!負けたら最後、もうそこで終了です。なんてことは大人になったらほとんど味わうことのない感覚を彼らは全身で受け止めてプレーしてるわけで、その“絶対負けたくない”という必死な想いがビシビシと選手はもちろんベンチからも応援席からも伝わってくるんだよねー。淡々と日々を過ごしてる私からしたら、そんな彼らが眩しくってタマラナイわけです。まぁ、同じような感覚の人が多いのか観戦者は全般的に大人です。主にオッサン。タオルとビールと団扇がセットになったオッサン多数でした。

試合はというと、去年夏に全国制覇した中京大中京が圧倒的な強さで5回コールド勝ち。ある程度予想が出来た結果ではあったけど、両校どちらにチャンスが訪れても同じように応援しちゃうってところが、また高校野球のいいところ♪そして、試合後に互いの健闘を称え合う姿も清々しくて、そんな姿を見てるだけで胸が熱くなる・・・。さらに初めて知ったけど、負けたチームから勝ったチームへ千羽鶴が引き継がれるみたいで・・・となると優勝した中京大中京は188校分の千羽鶴が手元にあるってこと?県代表って想像以上に重みがあるようです。

さー間もなく高校野球の本番がスタート。熱中症対策も心得たし、うまくいけば再び中京大中京の試合が観れそうだし~( ´艸`) ムフっ。はい!今年は久々に甲子園行っちゃいますよーん!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/08

夏期休暇第一弾。

Photo夏期休暇で梅雨の晴れ間の京都へ出かけてきました。私の勤め先はカレンダー通りの営業なのでお盆休みとかは存在しませーん。代わりに7~9月の間に3日間の夏期休暇が認められてます。って少なっ!!!!!と思いつつも早10年。まさか10年目を迎えるとは夢にも思わなかったけど。あ~そうそう。今年の新人さん、出した指示に対しての返事が「うん」・・・・「“うん”じゃねぇぇぇ~」と毎度イラっとしつつも注意する気力も湧かず放置。てか、そんな事まで言わなきゃ分からないのか・・・疲れが増すばかり。

あわわわ。相変わらずの脱線癖が。

自宅を出たのが昼少し前で、京都に着いたのが13時少し前。新幹線って本当スバラシイ。今回は特に計画も立ててなかったし、そもそも時間もそんなにないので思いついたところをパパっと巡った感じで。

まずはランチを♪ってことで久々の「スマートコーヒー」へ。訪れるたびホットケーキを注文してしまって、ランチ自体は7年ぶりくらい。ランチは2Fへ案内されます。今回はクリームコロッケとハンバーグのセットをオーダー。周りの様子からもクリームコロッケのオーダー率は高かったなぁ。あとスープも追加。この日はアスパラガスのポタージュでした。アスパラガスのポタージュって珍しかったけど、オーダーして正解。新発見でしたわ。

あぶら取り紙と言えば!な「よーじや」も欠かさず立ち寄り。季節限定の“抹茶”のあぶら取り紙があったのでお土産に購入と友人宅への手土産にウワサの「よーじや製もなか」を。コレ、食べる直前に自分で作るタイプの最中で、皮の香ばしさ具合には感動しました。味も見た目も◎。この手土産はポイント高いでしょ~とかなり自己満足。

あとはひたすらブラブラ(汗)デパートや雑貨屋さんに寄ってみたり、他にオペークも覗いてみたり。名古屋店は閉店しちゃったからね~。そして、せっかく京都に来たのだからと建仁寺に寄って、しばしユルユルとした時間を過ごしてみました。

Photo_2最後に本日の締めくくりにと今回初の甘味。「弥次喜多」にて白玉宇治ミルク金時を。然程、ミルクを感じなかったけど抹茶はかなーり・・・いや相当濃い。最後まで味が薄まらない氷を初めて経験。小豆も形がしっかり残ってるから食べ応えもアリアリでした。

滞在時間、約4時間の京都。目新しい出会いはなかったけど気分転換にもなったし満足の旅。次回は行ったことのない京都を攻めてみようかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

about me | bath time | books | cafe | cosmetics | fashion | foods | holiday | The others | tools | zakka