« 日本シリーズ | トップページ | 滋賀の旅 part2 »

2011/11/28

滋賀の旅 part1

Fxcam_1321599369120先週末に滋賀旅行へ行ってきました。
滋賀と言えば大河「江」のゆかりの地として脚光を浴びてますが、そこはあまり意識せず。
そして、急遽決めた旅行だったし、そんなに予定を詰め込まずのんびり過ごしてきました。

まず出発が10:30ですから...もっとも滋賀は高速乗っちゃえば近いしね。途中、SAのスタバでまったり過ごし今回の目的地の長浜へ。
Photo_3
まずは何はともあれ腹ごしらえでしょう。小学生の頃に椎茸のあまりの大きさに引いた記憶のある「のっぺいうどん」で有名な「茂美志や」さんへ。
かつての印象まではいかなかったけど、それでも普段目にしないサイズの椎茸がデデーンとうどんに乗ってます。しかもすごいとろみ。あとは焼きサバ寿司も注文してみました。焼きサバ寿司っていうと福井名物っていうイメージなのになーと思って調べてみたらかつて日本海から滋賀を経由して京都へ鯖を運ぶ街道「鯖街道」があるらしく、だから途中の滋賀にも鯖料理が名物になってるみたいですわ。ちなみにご近所に「鯖そうめん」のお店もありました。どちらも芸能人のサインがいっぱい。


さーて、お腹もいっぱいになったら続いて長浜港へ移動です。
長浜港からフェリーに乗って向かうは琵琶湖に浮かぶ神の島「竹生島」。
周囲約2キロの小さな島の小さな港から上陸。ここは都久夫須麻神社と宝厳寺とが並び合っていて私たちには自ずと両方を廻るルートしか用意されてません。(要は、他に道がないし、他に行くところもない。)見所がその2カ所だけなのに島の滞在時間は80分て長過ぎる!と思ったのは大間違いでした。
冒頭で「江」は意識してないと書いてますけども、この島は浅井家ゆかりの島だし、国宝にもなってる宝厳寺の唐門は豊臣秀頼が移築されたものとあらば、どうしても「あの秀頼がねぇ〜」と、ついつい見入ってしまうのでした。
途中の琵琶湖が一望出来る石段で休憩をしつつ過ごしてると80分なんてあっという間。今回ほど気持ち的にのんびり寺社に滞在したことは今までなかったかも。
神聖な空気をいーっぱい取込んでパワー増強出来た予感♡
Photo_4
帰りのフェリーはこの日の最終便だったので島のお土産屋さんや寺社で働く人たちも乗り合わせ(基本、無人島らしいです)行きよりも俄然賑やかな船内でした。そして、ここでサプラ〜イズ??帰り際に、たくさんのトンビ(たぶん)が港上空を旋回してたんだけど、フェリーが動き出したら!!次から次へとトンビが湖面に向かって降下!どうやらエサ?が撒かれたみたいです。京都の鴨川よりもたくさんのトンビがぁぁぁ!かなり迫力のある光景でした☆


|

« 日本シリーズ | トップページ | 滋賀の旅 part2 »

holiday」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130961/53289481

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀の旅 part1:

« 日本シリーズ | トップページ | 滋賀の旅 part2 »