« tokyo-2009 脱線編 | トップページ | どちらがおスキ? »

2009/10/13

tokyo-2009 vol.3

Roppong_hills_22日目は新宿→六本木コース。新宿と言えば!な伊勢丹ですが、どうも肌に合わないというーか落ち着かないんだな。もっと大きく言えば新宿が苦手かも。毎度、ぐったり疲れてしまうのは人ごみのせいかも?所詮田舎の子ですからね、酸素が薄いのやもしれません。

「だったら行くなよ」と聞こえそうですが、困ったことに伊勢丹でしか買えないものが、買いたいのだから仕方ないのです(*^-^)

Photo_4 それが「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」のバウムクーヘン。巷では今尚、バウムクーヘンブームですが、どうでしょう?真打登場と言った立ち位置でしょうか?バウムの本場ドイツからやってきたコチラ。普段、何気なく食べてるバウムだけど、本場では“バウムクーヘンの定義”なるものまであるらしく、それをクリアしなければバウムとして認められないそう。
日本で独自に進化し続けてる感のあるバウムだけど、本場の味をしっかりいただくとしましょう。
といっても、バウムは職場へのお土産にしたので、まだ未食。自宅用には一口サイズのバウムにチョコをコーティングしたバウムシュピッツを。パクパクあっと言う間に完食でしたー。チョコのパリパリと、しっとりふわふわなバウム。その食感の違いが新鮮で美味しかった♡ますますバウムが楽しみ~♪♪

元気と時間があったら、ルミネも寄りたかったけどそのどちらも持ち合わせてなかったので、そそくさと新宿から撤退。

さー最終目的地は六本木。
一目散に向かったのは六本木ヒルズ。ひゅいーんと52FのTOKYO CITY VIEWへ。
Tokyotower_2 エレベータを降りればもうそこは海抜250mの世界。絶景も絶景。朝の曇り空なんてどこへやら。青く澄んだ空が広がり、眼下には東京の街並み。東京タワーが正面に見えるポイントは当然人だかり。そうだよねー外せないよねー。私もいっぱい写真撮っちゃったもん。東京湾が見渡せる場所にあるベンチが偶然空いたのでしばらくそこでぼんやりと過ごしてみたり。羽田空港から飛び立つ飛行機を眺めては「どこまで行くんだろー」といろいろ想像してみたり。
下界を見下ろしてるせいか、「私の悩みなんてちっぽけなもの」と同じ類の感覚で、どうも心に余裕ができてご機嫌も良くなってしまう私。さらにはセンチメンタルとロマンチックが同居していろいろ思いを馳せてみたり。いやー癒されました。ここは私のストレス解消の場にぴったりみたいヽ(´▽`)/
最近はスルーばかりしてたけど、やっぱり私はここが好きだなー。たぶん一日居られると思うくらい。寧ろ、居たいくらい。どこまでも見渡せる昼間も、空が青から黄金色に変わるSUNSETタイムも、そして眩しいくらいの夜景まで一通り堪能してみたいものです。
そんな願望を抱きつつも、迫り来る新幹線の時間。はぁぁ(ノ_-。)いつかその夢を叶えられますよーにっ。

|

« tokyo-2009 脱線編 | トップページ | どちらがおスキ? »

holiday」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130961/46470983

この記事へのトラックバック一覧です: tokyo-2009 vol.3:

« tokyo-2009 脱線編 | トップページ | どちらがおスキ? »