« tokyo-2009 vol.1 | トップページ | tokyo-2009 脱線編 »

2009/10/12

tokyo-2009 vol.2

マメヒコを堪能したあとは、1つ急遽目的地に追加したとある場所に寄り、(コチラに関してはまた後日)渋谷にサヨナラ~。と駅に向かった途中で思い出したことが。そういえば、渋谷には岡本太郎作品、「明日の神話」が公開されてるじゃん!急いで携帯で情報収集。本当に今の世の中、便利だわ。

Photo 再び、迷いつつ辿り着きました。
あの日以来の再会です。当初は先の設置場所も未定で「この先のこの画の運命は?」と不安もあったけど、今こうして安住の地を得られてホっとしました。ただ、足を止めて観てる人はいなかったけど。普段ここを通る人にはもう馴染んでしまってる光景なのかもしれないなぁ。「明日の神話」の誘致先として広島、長崎、大阪も名乗りを上げてたようだけど、原爆被災地の広島、長崎でなく渋谷であることの意味がちょっと分からない気も。日常に溶け込むかのように設置されて誰も足を止めない状況では、「明日の神話」のメッセージが風化してしまうんじゃないかと、余計な心配もしてみたり。再会出来て嬉しかったけど、新たな疑問も抱いてしまって若干複雑な心境です・・・(゚ー゚;

新橋へ移動して、用事を済ませた後はそのまま銀座方面へ。BARNEYSやShinzoneを覗いてみても、収穫ゼロでした。いいかも!って思っても今は清水ダイブが命取りになりそうなので(笑)

Neyn ■「Neyn
赤坂のドーナツ屋さん。気にはなってたけど、赤坂にも、期間限定出店中のミッドタウンにも行く予定がなかったのに、松屋銀座で発見!こちらも今月いっぱい催事出店してたみたいでした。実際、気になっていたのはお店の雰囲気なので、ドーナツは迷ったけど翌日の朝食にでも・・・とプレーンを購入。Neynと言えばきっとデコラティブなドーナツが有名なのかと思うけど、気分的にプレーンに。パケがレースペーパー柄で可愛かった~。・・・お味は「可もなく不可もなく」とまぁ曖昧な。だったら断然、harittsが好き。

Echire ■「ECHIRE MAISON DE BEURRE」@丸の内ブリックスクエア。
開店早々にクロワッサンが完売すると人気沸騰しまくりのECHIRE。夕方にも関わらず行列。話のネタにしっかりと並んできましたー。もちろん、クロワッサンの影も形もありません。あったのはバターが数種とエシレバター100%のフィナンシェ、マドレーヌONLY。フィナンシェやマドレーヌは次々と焼かれてるようで、山盛り。1個¥315が山盛り!正直高いでしょ~。でもどんだけ焼いても捌けちゃうだろうなー。すごいよECHIRE。まー今はOPENしたてで話題性も手伝ってるだろうから、今後が勝負でしょーね。(って上から目線でゴメンナサイ)私はフィナンシェしか食べなかったけど、超濃厚でした。胃腸の調子が悪いときには相当ヘヴィです。

NeynもECHIREもどこか消化不良気味な結果に。ECHIREは「バターそのものを味わった時の感動のほうが未だに鮮明だな~」と、ふと思い出しました。でもいつか空いたらクロワッサンも試したいな。

|

« tokyo-2009 vol.1 | トップページ | tokyo-2009 脱線編 »

holiday」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130961/46460408

この記事へのトラックバック一覧です: tokyo-2009 vol.2:

« tokyo-2009 vol.1 | トップページ | tokyo-2009 脱線編 »