« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/27

お山のてっぺんでRelax

Photo26日は近所の山に登ってきました。前日の大雨で決行も危ぶまれましたが、小さな山だしハイキングの範疇ってことで「何とかなるさ~」を合言葉にレッツ・ゴー。
山道として整備されてるので、歩きやすいっちゃぁ歩きやすかったけど、喋りながらだし途中息切れも。汗もジワリ。ただ意外だったのが目的地が想像以上に近かったこと!!!「あれぇ~もう着いちゃったよ」って笑っちゃた。山道に入って正味30分・・・。おかしいな、昔は遠く感じたのに・・・。
学生の頃、その山の展望台(←相当簡易的な。10年ぶりくらいに見たら風化してボロさが極限だった)で初日の出を見るのが流行ってて大晦日わさわさと10数人で登ったもんですよ~。一度だって日の出見れなかったけど~。寒くて真夜中に挫折したり、曇ってたりで。

ちなみに展望台はさして眺めも良くないsweat02ので、さらに上を目指し木々が景色を遮らない岩場でランチターイム。そこからは名古屋方面はもちろんのこと、うっすらと三重県の山々も眺められて。そこでのおにぎりのおいしいこと!こうやって自然の中に身を置いてみると、心が洗われる感じ。ストレス発散で買い物したり、飲んだりもいいけど、それって本当の意味では発散できてないと思うわけで、だったら私は山に登ってみようかな。メンタル、フィジカル共に有益だしさ、これぞまさに自分への投資かも。いくら小さな山でも日頃の運動不足が祟って筋肉痛に襲われてますけどねー∑(゚∇゚|||)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/25

天空のカフェ?

Photoデパ地下で目移りしまくりのショーケースに並ぶケーキたち。あれもこれも食べたい。選びきれない!なんてぼやいてたら、一緒に居た友達が、「ここで売ってるケーキなら上のカフェで食べれるよ~」とナイスな情報をくれるものだから後日行ってきました。

そこは上も上。JRセントラルタワーズ最上階パノラマサロンにある「CAFE DE CIEL」です。以前は最上階に来るには入場料が掛かったから一度しか来た事なかったんだよね・・・今では高島屋の1フロアとして開放されてるけど、カフェがあるとは知らなかった~。
18時近かったせいかすんなり窓際の席に案内されました。いやー絶景です。目の前にミッドランドが聳えるもののそれ以外は景色を遮る高層ビルもなく名古屋市東部が見渡せます。徐々に日が落ちてポツリポツリと眼下のビル群や車のライトが付きだした頃に、約束の時間が来てしまったので退散したけど、あれほどの夜景を眺められるカフェもそうそうないのでは?場所柄かコスパは良くないけど(゚ー゚;贅沢な気分に浸りたいときにはお値打ちかも~。

ちなみにケーキはグラマシーニューヨークのショートケーキに。他にも何種類かトレイで持ってきてくれるけど、価格表示がされてないのでお会計までちょっとドキドキしちゃうかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/22

名駅で目撃率が高い紙袋はコチラのですよね。

Photo一体いつになったら並ばずに買えるんだろーかと思う堂島ロール。伏見の方はあんまり出掛けないから分からないけどミッドランドはピエールの行列がモンシュシュに奪われたかの様、いやそれ以上に毎度行列。
一度、サロンには行きたいと思いつつ未だに行けません。サロンも時々制限がされてるみたいだしねー。はやくブーム落ち着かないかなー。

などと遠目に眺めるだけだったのが我が家にやってきました♡。従弟の手土産デース。THANKS!従弟!

Photo_2今回はド定番の堂島ロールとともに“ぼくのプリン”なるプリンまで。こちらがなかなかの代物。な○らかプリンもいいけど、ある程度弾力が欲しいところ。さらに2層になってるのもポイント高し。カラメルもウマイ。そして何より「あまーーーーい」ってならない。以上の観点から何気にMYプリンRK1位かも。マーロウと非常に接戦してます。思い出したらマーロウのプリン食べたくなってきた・・・。

肝心の堂島ロールも嬉々として食しました。あの無駄とも思われる大量のクリーム。パッと見「・・・クドそう(゚д゚;)」なのにねー。余裕で胃袋に収まっちゃうからねー。ついついもう一切れと手が伸びてしまう危険な存在ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/15

今季何着目のgreen???

GreengreenのドルマンスリーブVネックニット。こちら恵比寿のSHOPに行ったときにもあったけど地元で予約してあったので、そのときはスルー。そしてようやく3月末に入荷連絡をいただいて、引き取ってきましたーヽ(´▽`)/

こうやって写真で見るとなかなか伝わらないけど、着たときのカタチがすんごいキレイだし、100%シルクもあってか着心地、肌触り共に抜群です。今の季節夜は少し冷えるけどヘビロテ中。どんな着まわしも対応OKな優秀アイテム。

こちらはカジュアルなグレーだけど、シックな装いも可能な黒も気になるんだなー。まだお店に残ってたしなー。

今季はおかしいくらいにgreenばっかり・・・。あとデニムももう一本追加して・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/13

ズバズバ言ってくるカレがいます。

やってみました「一年目の手紙」。「初恋の人からの手紙」よりも当たりすぎてて怖すぎ。1年目にしてコレほどまでに見透かされてるとは。なかなかのカレです。というワケで私宛の手紙は・・・
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓超長いデス。

続きを読む "ズバズバ言ってくるカレがいます。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そしてついでに分析

【こんな問題ありませんか?】
◆実は「いかにも女子グループ」みたいなのは苦手だ。
◆少し重苦しいような思い詰めた男性は苦手だ。
◆なんだかんだで男性を傷つけることが多い。
【分析と課題】
ことりさんは、わりと男性からアプローチを受けやすいほうだと思われます。それは、ことりさんにとって男性というのは遠い存在ではなく、近しい存在だからです。平均的な女性よりも、ことりさんは男性に対して心の距離感が近いのです。さらに言えば、そこには「男性には好かれるものだ」という無意識が存在しています。むしろどちらかといえば女性のどろどろした感情を苦手に思っているかもしれません。

それは男性への好みにも表れていて、ことりさんが小ざっぱりした(あまり女性らしくない)性格なだけに、あまりねちねちした男性が相手だと「うっ…(重っ面倒くさっ)」と思ってしまうことでしょう。ことりさんと付き合う男性には、あまり小さなことは気にしないような、ことりさんに振り回されたりしないような、どんと構える余裕が必要なのです。

しかしことりさんと付き合っていると、どんと構えていた男性も弱ることがあるでしょう。ことりさんがあまりに自己完結した人なので、自分が必要とされているのかが分からなくなり、不安になるからです。よく束縛されたり、相手に依存されたり、付き合っていくうちに相手がねちねちした男性になっていくということはないでしょうか?それはことりさんのそっけなさが招いている部分もあるのです。

ところで、ことりさんは彼女付きの男性や、既婚者と恋に落ちたことはありませんか?ことりさんのことを少しほったらかし気味で扱ってくれる人といえば、そういった人たちがうってつけだからです。あくまで可能性の一つという程度ではありますが。
【恋愛キーワード】
「犠牲心」「自信」「沈黙」「傷つける言動」「美少年ハンター」「追われる側」
【最後に】
ことりさんは、男性に甘えられなくなっていたり、世の男性たちが弱々しく感じられて、どうも最近は恋愛が味気ないもののように感じられたり、そうでなくても面倒くさいもののように感じられているのではないでしょうか。「以前はもっと何も考えていなかったのに」そんな気持ちになっていないでしょうか。または成就しないような恋愛にどっぷりハマってはいないでしょうか。

想像するに、ことりさんは、わりと自分の心を操作しようとする人だと思われます。自分に厳しく、甘えた考えは出さないように、自分を律して生きているのではないでしょうか。しかしそれがことりさんの「みずみずしさ」を奪っていくことにつながります。強さと引き換えに、あまり感情が増幅しなくなってきている可能性があります。

恋愛は「心が共鳴」するものですから、自分の心がドキドキしなければ、相手はドキドキしにくくなります。いくら肌の露出を増やしても、本当の意味でのセクシーさを失っていきます。
もうこれは笑うしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだかなー。ちょっと滅入る。

Photo昨日、チロチロと色んなブログ覗いてたらさ、目に留まった1枚の写真。
見た瞬間に胃がチクっとしたんだよねー。つーかこの写真、あたくしの撮った写真に激似。大量に写真撮ってるけど、さすがにブログにUPした写真は大概覚えてるもんで、だいぶ遡ってその写真探し出して、比べてみたら・・・おぉΣ(゚д゚lll)対象物との距離も光の入り方も、だから影の具合も当にピタリ賞。俗に言う“無断転用”ってヤツですねぇ・・・。

その写真が見初められたのはありがたいけど、人が撮った写真載せても、その写真と自分の思い出や記憶はリンクしないのにねー。んーどうなんだろ?人それぞれかなぁ。自分が撮った写真は見ただけで撮ったときの情景や誰と一緒だったか、どんな一日だったか蘇ってくると思うんだけど、人の撮った写真は自分にとっては無機質な存在でしょうに。まーその人が何を思って転用したのかは知らないけど、どうせブログするなら自分の言葉と自分の目で見た世界を発信した方が断然ブログは楽しいのに。

ちょっと残念な、ちょっと気の滅入る、ちょっとブログに対する姿勢を考えた、そんなひと時。

あーなので、これからちょぴっと加工しますわ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/10

昼も夜もサクラ

Photo今の職場は目の前に桜並木があるのでこの時季は仕事をしながらも常にお花見状態。ときどきお客さんにも羨ましがられます。今年は雨も少なく例年よりは長い間桜を楽しめるみたいですねー。それでも徐々に葉桜になってきちゃったかな。

今までもお花見したりしたことはあったけど、今年、桜で発見したことが2つ。桜があんなにモフモフしてるとは思わなかった!小枝ごとに花が密集してるとは。そしてあんなに甘い香りがするとは。どうも考えてみると今まで桜は見上げるだけでそれほどじっくり鑑賞してなかった私。この年になって知るなんて。親に話したら軽くバカにされました(*´ェ`*)

昼間の桜もいいけれど、夜桜もいいよねってことで五条川へ。昼間はかわいらしい印象の桜も夜になると妖艶な雰囲気を醸し出してますねぇ。ライトアップされてるから余計にそう感じるのかも。でも平日にも関わらずたくさんの人が繰り出してるからみんな、そんな桜に惹きつけられてるってことよね~。Photo_2 あー日本人でヨカッタ♡

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/06

出会いは唐突に。

Photo_2Spick and Spanで見つけたサロペット。私がサロペットって・・・と我ながら俄かに信じられないけど買っちまいました。好奇心とノリ(相当おかしなテンションだった)で試着してみたら予想外にかわいくて連れて帰ることに。(←でもさすがに1時間は悩みました)

これね、スカートタイプなんだけど吊り紐部分が取り外し可能で、フツーにデニムスカートとしても使える2WAYタイプなのねー。早速、取り外して使っちゃったけど(゚ー゚;結構、ミニ丈でナマ足さらけ出すには勇気が要るかも。・・・いやどう考えても要るし。レギンスなんかで誤魔化せるうちにダイエットに勤しまねば~。

でも、洋服って着てみないと分からないなーと改めて。試着する前は石ちゃんと安住クンみたいになると思ったのに・・・。不意打ちの出会いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/04/03

2度あることは3度ある。でも・・・

我が家の愛犬くんをトリミングに連れて行き、空いた時間の3時間。気になっていたデニムを求めてNEW YORK RUNWAYへ行ったものの試着したらまさかの期待ハズレな結果に。妄想上ではアリだったんだけどな~というのはCURRENT ELLIOTTTのデニム。噂どおり柔らか生地で穿きやすかったけどクラッシュ部分が想像以上に激しかったのさ~。ちょっと肌見せには抵抗があるからね~コレだったらやっぱりgreenのヴィンテージにしようかな。と相変わらずのgreen贔屓者ですな私。

気も済んだところで、文庫本片手にお茶して過ごそうと、そそくさと移動。
向かったのは半年振りくらいの「coffee kajita」。お店の前のコインパーキングへ車を停めて、向かったらば扉に「本日休業」の張り紙が・・・ガーン(lll゚Д゚)ここは時々定休日以外にも休まれるのでHP要チェックですな。そしてロック板が上がるまで確か3分くらいあるはず!と思い出して急いで出庫。動かしてるうちにロック板上がっちゃったら・・・と思うとゾっとしたわぁ~。そして全く同じことを数分後に繰り返すハメに。続いて向かったのは東山の「metsa」。こちらもコインパーキングに駐車してお店行ったら定休日で~急いで出庫。どっちもセーフだったけど、心臓には悪かった・・・。

そんな目に遭いながらもお茶タイムを諦めきれず3度目の正直で向かった先は「salon de the ALOUETTE」さすがに今回は営業してることを確認してから駐車しましたよ~。ここは相変わらずショーケースに可愛らしいケーキがいくつも。その中で一際目立っていた“タルト・ルージュ”もうコレしかないでしょー!ってな勢いで即決。ここではいつもタルト系を頼んでしまう。実はタルトって食べづらいからあんまり選ばないんだけどなー。ここのは特別。その存在に完敗です。食べると思わずニンマリしちゃうんだよねぇ。それを家族にも伝えたくてシブーストをお土産に。みんな気に入ってくれたし、家でも食べれたし♪あー単純に幸せだ~。そんな3月の話。

Salon_de_the_alouette

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »