« 2009年出遅れてます。 | トップページ | 女子力向上目指します。 »

2009/01/23

漫画版“直木賞”らしい。

Photo「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で現在も連載中の「岳」単行本8巻大人買いしてきました。

山岳遭難救助隊の話なんで、山の事故現場だとか時々際どい描写もあるけど、いつだって主人公三歩の存在に救われます。助かる命、助からなかった命、救助する側の人々、そして山が好きな人々のドラマ。結構、涙腺やられます。電車でコッソリ読んでたら鼻腔がツーンとして目頭熱くなって危うかったもの。

現実にも遭難事故など報道で度々耳にするけど、そこで殆ど触られない「救助する人々」の存在。だからその実態って“何となく”にしか分からずに、曖昧だったのが「岳」で明確になった気がします。

山に興味がある人はもちろんそうじゃない人にもオススメ。そして山に興味がなかった私も、一度くらいはどこかの山の頂上に登ってみたくなりましたー。

↓楽天ブックスに飛びます。「岳」最新号

|

« 2009年出遅れてます。 | トップページ | 女子力向上目指します。 »

「books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130961/43833001

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画版“直木賞”らしい。:

« 2009年出遅れてます。 | トップページ | 女子力向上目指します。 »