« うなぎ | トップページ | 「TRES」 »

2007/07/16

東京 備忘録⑤

ホテルをチェックアウト後は一路お台場へ。初ゆりかもめです。車内にはお台場勤務の人、修学旅行生、観光客とそれぞれ一目瞭然。そんな中私も観光客の一員ではありますが、自分で「東京の人ぶって」みました。その癖、迷いました。(当たり前か、初だもん)

Ashes_and_snow お台場へやってきた目的はただ1つ。「ノマディック美術館」でのグレゴリー・コルベールの作品展「ashes and snow」を観るため。そもそも箱であるノマディック美術館が「ashes and snow」の為に設計された美術館!というのがステキ。貨物コンテナを積み上げて作られた移動式美術館で、使用するコンテナは移動先でレンタルしてまた返却するんだとか。作品展が終わったら美術館ごと姿を消しちゃうわけで、そのストイック?さにも惹かれる。

さて、館内は薄暗く、雨のせいか少しムッとした空気の中、幻想的な音楽が流れてました。そして通路の両サイドに和紙に焼き付けられた作品が吊り下げられてます。作品にはタイトルもなく解説もないから、かえって観易かったかな。それにしても動物と人間とがあそこまで近づいて、しかも違和感無く映し出されていることに何だか興奮してしまいました。現代ではまったく掛け離れた社会で生きてる動物と人間だけど、源は同じなんだと私の中の何かが感じてました。だからかな?目を奪われて暫く動けない写真もあったし、観てると泣きそうになる写真もあったなぁ。

2007_06160249_2 独特の雰囲気の中での写真展はこの先もきっと忘れない貴重な思い出にございます。

|

« うなぎ | トップページ | 「TRES」 »

holiday」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130961/15775095

この記事へのトラックバック一覧です: 東京 備忘録⑤:

« うなぎ | トップページ | 「TRES」 »