« 「TRES」 | トップページ | 勉強の産物 »

2007/07/30

「蒜山」は何と読む?

Photo ある日、職場のKさん宛てに届いた小包。それが蒜山ヨーグルトとの出会いでした。なぜだか、やってきたヨーグルト。それは自宅に持って帰るわけでもなく食堂の冷蔵庫にIN。そして「お食べください」と。

「蒜山ブランド」は見聞きして知ってきたものの、食べてみるのは初めて。しかも「蒜山」→「ひるぜん」と読むのも初めて知ったという・・・。(普通、読めんゼ。)
まずはパッケージデザインにやられました。変に牛をキャラ化してないんだけど、牛が明らかにかわいいです。何気に牛の額に♡マークがあったりして。

封を開けると一見、固そうな表面が。どうやら生乳を殺菌、発酵させたときに出来るクリーム層らしいです。他社のヨーグルトでもたまに見かけるけど、あんまり美味しいイメージがなかったのに、ここのはウマいです。濃厚クリーミー。その層の下にはとろとろヨーグルトが隠れてるけど、こちらも酸っぱくないし、食べやすくってこりゃマイブームの予感。
でもね、ご近所のスーパーでは取り扱ってないみたいなのよねぇ。成城石井やラシックの「キタノエース」にはあったけど・・・。あとはお取り寄せかしらねぇ。

蒜山酪農農業協同組合http://www.hiruraku.com/

|

« 「TRES」 | トップページ | 勉強の産物 »

「foods」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130961/16048675

この記事へのトラックバック一覧です: 「蒜山」は何と読む?:

« 「TRES」 | トップページ | 勉強の産物 »