« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/25

東京 備忘録④

2007_ariさて、朝ごはんは。

マフィーン♬「A.R.I」のマフィンにございます。案外、東京進出の際には私の出没率の高いお店にございます。生憎、私の生活圏内にはマフィン専門店なぞは「あれせん」(「ありません」の意)ので貴重なのね。

Photo_46前日、閉店間際に行ったもんだからお目当ての食事系マフィンは残念ながら完売で、お初のスイートマフィンにトライ。「ピンクグレープフルーツ(大)」と「グレープフルーツアイシング(小)」。このラインナップ、グレープフルーツ好きと思われがちですが、他になかったんですの・・・。グレープフルーツの薄皮が少し気になったけど、ブラウンシュガー?のじんわりした甘みのある生地がとっても美味しかった~。思い出したらまた食べたくなってきた・・・。

この不恰好さがたまらなく、美味しそうなのが不思議。マフィンはケーキとかみたく成型されてるより、こんな不恰好さの方が断然食欲をそそるのは、やっぱりホームメイド感からかしら。

Photo_47ちなみにやっぱりお食事系マフィンも欲しくって、2日目もお店に寄って、お土産に持って帰りました~(喜)定番の「あめ色玉ねぎ」と「ゴルゴンゾーラクランブル」。家でも「A.R.I」の味が楽しめて幸せ噛みしめておりました。むは~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/24

東京 備忘録③

一体、いつの話だよ!な遅ーい更新ですが、まぁお付き合いを。

初日の夜は表参道で前に見つけたCafeで。と思っていたのに、その場所に行ってみるとCafeはなくビルの建設現場に・・・。がぁぁぁーん。入ったことは無かったけど、結構賑わってたのになー。都会ってシビアやわぁ。当てが外れて界隈を彷徨った末に入ったのがLotus 「LOTUS」。カフェブームの先駆けといわれるCafeらしいです。一応、先のことを考えて軽く済ませようかと思いましたが、ちょっぴりパワーダウンしてるのを感じたので炭水化物を取り込みましょうと、「ソーセージとキャベツのペペロンチーノ」に。あとはシャキっとするためジンジャーエールなんかにしてみました。パスタは味付けが濃い目だったけど、それがちょうど良かったし、大蒜で元気もりもり。
ここは最近流行り?のゆる系のCafeというよりもダイニング&カフェの類でしょうか。大人向けです。こういうとこはやっぱり一人には向かないかも・・・。んー仲間とお酒を飲みながらまったりするのにもってこい!な雰囲気かしらね。

パワーチャージが済むと再び六本木へ。せっかく東京に来たんだし、有名ドコロのケーキくらい・・・ねぇ。さて。「Toshi Yoroizuka」か「patisserie Sadaharu AOKI paris」か迷いに迷うこと数分。なんとなく煌びやかな店内に疲れて、結果は「Toshi~」の方に。(今思えばなんという理由・・・)ショーケースの中で一際華やかだった「カシス」と後ろに並んでたお姉さん方の会話から聞こえてきたPhoto_45 「クレーム・ピスターシュ」(ピスタチオのプリン)をオーダー。イートインも出来ますが、根性ナシなのでテイクアウトに。(だってなかなかのアダルトな雰囲気だもの)よってホテルにて食しましたヨ。「カシス」は無論カシスがメインだから甘酸っぱいんだけどムースでまろやかになってるし、それよりなにより、イチジクがゴロゴロ。下手したらイチジクのタルトよりも入ってんじゃないの?なくらいにたくさん。コレはたなぼた現象か?思わずにんまり。「クレーム・ピスターシュ」は、翌朝食べたんだけど残念ながら私好みではなかったんだなー。すこぶるクリーミーでピスタチオがさすがに強い。それに負けました・・・。朝っぱらから食べたのが間違いなのかもねーん。ははっ。

あ、あと「ギャラリー ル・ベイン」に併設されてる和菓子のお店「HIGASHIYA」に寄って「ひと口果子」と名づけられたひと口サイズのお菓子も魅せられてついつい買ってしまって、これもまたホテルで食べちゃった。よくある和菓子屋さんとは異なる設えのオサレ系和菓子屋です。一風変わった和菓子がたくさんあるので、覗き甲斐はありますよん。

次はやっと2日目に入りマース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/22

人生、初Gジャン

小さい頃からワードロープはデニムが多かった・・・。でもGジャンは持ってなかったんだなー。それが、2~3年くらい前だっけ?どわっとGジャンブームが押寄せたのは・・・。雑誌のモデルさんたちはステキにGジャンを着こなし、特集も組まれ、其処彼処でGジャンを身に纏った女子とすれ違いましたけども、その波には乗れませんでした。
なぜか。「みんな着すぎなんだもん♪」なんてのは冗談で、別段、興味がなかったからでございます。それが、最近になって興味がモクモクと湧き上がり、初Gジャン購入に相成りました。
Greeng デニムに定評のある「YANUK(ヤヌーク)」とも迷いましたが、試着してノックアウトされたのは「green」のもの。そもそも「green」LOVEってのもあるけど、コンパクトなシルエットが断然キレイ。デザインはとってもシンプルだけど、それがまたいろんな場面で活躍してくれそうだし。東京でも2日目は肌寒かったので、早速お役立ち。よい買い物したわぁ。着倒さなきゃー。白のコットンワンピとかと合わせてガーリー路線で行こうかしらぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/19

東京 備忘録②

「Chocolate展」を満喫した後は、東京ミッドタウン内を徘徊。FUJIFILM SQUAREで行われているフランス人写真家「ヤン・アルテュス」の航空写真展にも出くわし、こちらも堪能。「地球は美しい」ことを教えてくれます。人の手が加わらない自然そのものも、人工的なものも、普段見ることの出来ない場所から映し出されたそれらは、色彩豊かで驚くこと必至。地球ってばスゴイ。彼の作品はコチラで見れます

ミッドタウン徘徊を終了して次に向かうは六本木ヒルズ方面。少し裏手にある「ギャラリー   ル・ベイン」へ。ここで開催されているのは南仏老舗生地メーカー「レ・トワール・デュ・ソレイユ」と皆川 明さんの手がける「ミナ・ペルホネン」との共同企画展。この企画のために生まれたミナのオリジナルストライプは、「ちょうちょの周りにある色」がテーマ。

Photo_44黄色はちょうちょの黄。
緑は草木の緑。
ブルーは空のブルー。
白は雲の色。
茶色は土の色。
そしてベージュは人の肌色。
穏やかな日を映すストライプ。

だそう。この季節に合いそうな爽やかなストライプ。かわいいと言うよりはちょっと少年っぽいイメージを受けましたっ。展示品は販売もしていて、お手ごろ価格のmini bagを私はまた買ってしまったよ。ここで使われている生地は半世紀以上も前の繊維なんですって!!!手にとってみて初めてじんわりその凄みが伝わってきました。この機会じゃないと巡り合えなかっただろうから行けてかなり嬉しいわぁ。(写真のような展示が見られるのは22日(fri)まで。購入等は24日(sun)までっぽいです。気になる方はダッシュです!

まだまだ東京一人旅は続きますけども、また次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/18

東京 備忘録①

6/13・14の東京一人旅のモヨウをここに記します。

東京に着いてまず最初にしたことが、ホテル探し。今回は5/24にグランドオープンしたてのメトロポリタン丸の内泊。地図上では一見簡単に行けそうだけど、なんせ東京駅広すぎ。そして工事しすぎ。どこも似たような風景で迷うこと約20分・・・。やっとこ見つけて荷物を預けて、さて腹ごしらえ~♪で向かったのが代々木上原(いきなり遠い?)。去年まで代々木に住んでた友人が教えてくれたドーナツ屋「harrits」(ハリッツ)へ。
路地裏にひっそりあるお店は、お店って知らなければ素通りしてしまうような、まさに民家。引き戸を開くときもちょっとドキドキ。まるでよそのお宅にお邪魔する感じで。一つ一つ手作りで大量生産出来ないということもあって、その時は「シナモンカレンズ」のみ。ただ、「もう一種類は揚げたてで、冷ましてます」とのことだったので、暫く待って「チョコオレンジ」もゲット。噂通りのふかふか生地は新鮮でした。ドーナツというよりも揚げパン?な印象。手作りのやさしい味ってこういうのだなー。とほんわか気分でバクバク。ぺロリと食べれちゃうので、3~4個は余裕だな、こりゃ。Haritts

その後は六本木へ移動。本日のメイン。東京ミッドタウンですっ!!!・・・ではなくて、敷地内に併設されてる「21_21DESIGN SIGHT」です。世界の安藤忠雄設計の建物そのもの興味があったし、現在公開中の企画展「Chocolate(チョコレート)」も観たかったんだー。季節柄か修学旅行生がわんさかいて面食らったけど、たーっぷり時間を掛けて観ることが出来て大満足。30組ものクリエイターたちが「チョコレート」をキーワードに思い思い体現していて、それぞれの世界観を通して、「チョコレート」を思う存分味わえる面白い企画展。カタログも購入して家で「ふむふむ」と観耽ってまふ。Photo_43

とりあえず、今宵はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/17

あっちょんぶりけ!

宮崎あおいチャンがケッコンとはっ!!!てっきりお相手は達彦さんかと・・・。(NHK朝の連ドラ「純情きらり」にハマッてた人にしか分からないネタですがね)達彦さん役の福士誠治クンは随分落ち着いた雰囲気を醸し出してましたけど、さすが役者。ブログを見ると実際にはかなり、テンションが若いです。歳も若いし。やーでも達彦さんと桜子ちゃんは、誰もが認める(ってだから「純情きらり」ファン限定だけど)相思相愛ベストカップルだっただけに残念っ!(ドラマにのめり込み過ぎました・・・)ついでに言うと、有森家の3姉妹(寺島しのぶサン・井川遥サン・あおいチャン)全員、ここ1年で結婚って・・・。なかなかスゴイではないのっ!!!

なんだかんだ言っても、結婚はモチ祝福してますよ。ってあなたっ!7年越しって14歳からですかっ!すごー。若いっていいなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007/06/10

頭ん中はこんな感じ。

Photo_1来週、半ばに「オラ、東京さ行くだ」ってなもんです。この計画、急遽決定。先週にはそんなこと予想だにもしなかったのに、あれよあれよとコトは運ぶもんです。

でも、一人旅なんだなー。CAFEなんぞはフラフラ一人で行けるクチにも関わらず、一人旅はお初でっす。ちょぴっとハラハラ。

そして・・・・・・・・・・行き先が・・・・・・・・・イヤ、リストアップは完了してるんだけどもさ、如何にスムーズにそれぞれを巡るかが今最大の問題。ずいぶんとPCの前で試行錯誤を繰りかえしつつも、答えが出ず。展示会関係はまーなんとか収められそうなんだけど、CAFEだとかSHOPがねぇ・・・。午前中に行った方が良さ気なとこばっかで(基本、並びたくないし、売り切れでガッカリしたくないし)予定が立たず。そして、乗り継ぎも軽く把握できてまっせーん。

でも、「行きたーいって思ったのに行けなかった・・・」なんて後悔はしたくないので、なんとか制覇します。もう少し悩むこととします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/05

うまいゼっ!マカロン

Pierre_herme自分に似つかわしくない高級モードぷんぷんのCAFEに挑んできました。それはカッシーナ・イクスシーのCAFEその名も「イクスシーカフェ」。目当てはトップの写真の通り、マカロンでございます。ココは名古屋で唯一、「ピエール・エルメ・パリのマカロンを食せるところ。マカロン2種とフールセック(焼き菓子)+ドリンクで1100円とやはり少々お高めか?まー東京まで行くこと考えればお安いもんです。

登場するマカロンは日替わりとの噂を耳にしますが、ケーキドームの中には色とりどりのマカロンが・・・。あれは飾りなのか?それともランダムに出されるんですかねぇ。謎です。とりあえず、私の時に登場したのは写真の2種。
左が「アラベスク」・・・アプリコットクリームと柔らかアプリコット、ピスタチオフィユテ入り(フィユテってのがイマイチ何だか把握できないんですけど・・・)
真ん中が「ショコラサブレ」
右が「マロン エ テ ベール マッチャ」・・・マロングラッセ入りクリーム、抹茶のガナッシュ。
感動したのは「マロン~」まさか抹茶のガナッシュとは!そんな異素材がマカロンで融合するなんて思ってもなかったから口にしたとき、ビビりました。さすがスイーツ界のピカソさんだよっ。

いやー。澄ました顔しながらもどっきどきでしたってば。誰かと一緒ならまだしも、得意の「お一人様」だし・・・。やっぱこういうCAFEはまだまだ不釣合いな若造なんでね。今度は誰かも巻き込んでまた行きます。Photo_42

マカロンはテイクアウトNGなので、フールセックの「サブレ ヴァニーユ」(バニラ風味のサブレ)をお土産に。手提げ袋もちゃんと「エルメ」のだったりします。ちょっと自慢げに街を闊歩してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »