« 中和材料 | トップページ | 別世界 »

2007/01/21

つい観てしまう。

観よう!観よう!と思ってるわけじゃないのにどうしても金曜22時にはTVのまえにスタンバイ。そして始まるのが「花より男子」なのでした。「花より男子」ってタイトルにやや「どうなんだーソレはっ!!!」と思いますが、だってもともとの「花より団子」って「花よりも団子が好きよ」ってなもんでしょ・・・。ちょっとストレート過ぎな・・・ねぇ。しかも内容そうでもないし・・・。これは私の解釈の違いでしょうか?

以下はかなりマニアックな話なので気になる方のみお読みくださいな。

Hanadan「花より男子」(以下 花男)は高校生の頃に流行りまして、みんなで回し読みしとりました。そのうえ単行本全巻持ってます。未だに。(他に全巻持ってるのはなぜか「うしおととら」これもオモシロイ)「花男」は読み出すと止まらないんだなー。そもそもは激貧女子高生VS超超セレブの戦いから始まったもののあれよあれよと言う間にラブストーリになって、そのくせなかなか上手くいかないという、まどろっこしい漫画っだりするわけですが、嵌るんです。読みながらイライラ度とホロホロ度そして胸キュン度が同じくらい。そして、最大の魅力は登場人物でしょうねぇ。「花男」とは随分長い付き合いですけれども未だに自分が「道明寺」派なのか「花沢 類」派なのか決めかねます。道明寺のストレート且つ優しいトコに心絆されるし、花沢 類の「いつも気にしてくれてる」オーラ&笑顔にも惹かれてしまう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。あぁいかん。妄想ワールドに入るトコだった・・・。

そう「花男」は単行本で世界が出来てしまってるからドラマでリアルにされると違和感がね。という思いがあるからあんまり観ようと思わないのに、なぜか毎回観てます。何だ?この矛盾は・・・。どうもこれまたキャスティング作用?今までそうパッとしなかった(そう言っちゃ失礼だけど)松潤が何だかとぉぉーってもいい俳優に見えてきて、(だから実は僕は妹に恋をするにも興味大)小栗旬にもゾワゾワっときて・・・。やっぱり道明寺か花沢 類かドラマでも決めかねております・・・。そして椿お姉さまを松嶋菜々子・・・。合ってる気はするけど、こういうドラマにも出演するんだーと軽く驚き。

調べてみると「花男」はなかなか面白いことが。                          1993年に販売されたCDブックでは花沢 類の声をキムタクが担当。道明寺の声を西村知美のご主人、西尾拓美が担当。先日のドラマには西村知美が出演してたし。1995年に公開された映画ではつくしを内田有紀。道明寺を今話題の谷原章介。花沢 類を藤木直人が。藤原紀香も出演してたらしいし。内田有紀って今思えば「滋」向きじゃない?この映画ちょっと観てみたい気が。レンタル見つかるかしら? 余談)西尾拓美をCHACHA経由で検索してみると、どうもSMAPの草なぎ君もCHAHCANに在籍していた過去があるらしく。これって有名な話??

とりあえず、今日は「花男」の単行本を読み漁ってまして、これから13巻です。ではまた。

                                                                     

|

« 中和材料 | トップページ | 別世界 »

「books」カテゴリの記事

The others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130961/13607392

この記事へのトラックバック一覧です: つい観てしまう。:

» 小松彩夏 松本潤 『僕は妹に恋をする』 [ 小松彩夏 水着 盗撮 松本潤]
現実では決して結ばれることのない双子の兄妹の恋愛を、切なさを込めて描き出す『僕は妹に恋をする』が初日を迎え恵比寿ガーデンシネマに安藤監督、松本潤、榮倉奈々、平岡祐太、小松彩夏そして原作者の青木琴美氏が舞台あいさつに現れた。 [続きを読む]

受信: 2007/01/23 16:00

» 松本潤主演映画「僕は妹に―」が海外公開…榮倉奈々と大喜び [榮倉奈々 画像 水着 お宝動画]
 嵐の松本潤(23)の単独初主演映画「僕は妹に恋をする」(安藤尋監督)の海外公開が決定し、20日、東京・恵比寿の恵比寿ガーデンシネマで行われた、初日舞台あいさつで発表された。 [続きを読む]

受信: 2007/01/23 21:41

« 中和材料 | トップページ | 別世界 »