« カラフルな食べ物 | トップページ | 学祭と苺みるく »

2006/11/04

幸福のお菓子

Swan そうそう、京都で訪れた「kitone」さんでお茶請けに出されたお菓子を紹介しますねー。ほんわかひっそりとした佇まいのそのお菓子、食べるとホロホロと口の中で溶けていきます。まるで落雁。でも甘すぎず、シナモンの香りがフワーっと。あまりにお店の雰囲気にピッタリで、てっきり手作りなのだと思ってお会計の際にスタッフの方にそんな話をしてみたら、どうやら松本の「開運堂」さんのお菓子なんだそうです。お菓子の名は「白鳥の湖」。昔にスペインの修道院で考案されたポルボローネ(幸福のお菓子)というクッキーが基だとか。作るときに材料の小麦粉を炒めるコトで、このホロホロ感が生まれると聞きました。いろいろ検索してみるとレシピも載ってるので作ってみても面白いかも。でもこの白鳥がカワイイんだな。

それにしても、開運堂・・・。やるなぁ。実は職場の人が開運堂の方と知り合いで以前にお菓子を頂いたり、お取り寄せもしたことがあったり。まさか京都で出会うとは。

|

« カラフルな食べ物 | トップページ | 学祭と苺みるく »

「foods」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130961/12555494

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福のお菓子:

« カラフルな食べ物 | トップページ | 学祭と苺みるく »